製品技術情報

製品紹介

当社は現在、デスクトップIC、ポータブルIC、オンラインIC、カスタマイズICの4つのイオンクロマトグラフのシリーズをラインナップ

あらゆる現場や研究室のニーズにお応えます。

デスクトップ イオンクロマト IC

デスクトップIC

新しいDシリーズデスクトップICは、機器の安定性、インテリジェンス、利便性を大幅に向上させました。
機能多様性、およびコモンアニオン、カチオンおよび微量イオンの検出の重要な役割を担います。

ポータブル イオンクロマト IC

ポータブルIC

ポータブル IC は主に予想外のアクシデントが発生した時に、機動性を活かし、場所を選ばず早急な対応が可能です。

もちろん 小型軽量ながらラボ用のIC並みの精度を有しています。

オンラインIC

オンライン IC は完全にオンライン前処理、自動サンプルリング、自動データ処理を実現します。
大気および水質を常時監視機能やオンライン燃焼 IC システムは、固体および液体サンプルのハロゲンそして硫黄のオンライン検出します。正常にラインが稼働しているかを常時監視します。

カスタマイズイオンクロマト IC

カスタマイズIC

カスタマイズ IC はお客様のご要望にお応えして製品のカスタマイズを行います。
環境保護、ハイドロジオロジーのような多くの企業で広く利用されています。
石油、化学工業、食糧、薬学、健康、伝染病の防止、電子工学、電気および科学研究最前線で活躍します。

イオンクロマトグラフィーの仕組み

構造イオンクロマト IC

イオン交換クロマトグラフィーは、分離技術の一つです。イオン交換樹脂上の解離性イオンは、移動相中の同じ電荷を持つ溶質イオンと可逆的に交換されます。
イオン交換樹脂上の解離性イオンは、移動相中の同じ電荷を持つ溶質イオンと可逆的に交換し、イオンはイオン交換体への親和性の違いにより分離されます。
そのため、イオンクロマトグラフは一般的に親水性のアニオンやカチオンの分離・検出に応用されます。
試料を注入すると、まず分析対象のイオンはイオン交換樹脂上の解離性イオンと交換されます(すなわち分析カラムに保持されます)。
NaOH溶液を溶離液として使用し、試料中のF-、Cl、SO42-を分析する場合、分析カラムに保持されていたイオンはOHに置換され、樹脂との親和性が弱いイオンが先に溶出されます。
これがイオンクロマトグラフィーの分離過程です。溶離液は化学抑制剤で抑制され、溶離液のバックグランドコンダクタンスを低下させることができます。
溶離液の導電率を下げることができます。そして、分析対象のイオンが導電性セルに入ると、正確に測定され、検出信号が出力されます。

イオンクロマトグラフィー カラム 消耗品 各種部品

イオンクロマトグラフィー技術 消耗品や各種部品を提供

を重視し、市場志向、技術主導で、お客様に総合的な技術サービスを提供することを約束します。
総合的な技術サービスを提供します。

SHクロマトグラフィーカラムは、世界の2大OH-システムクロマトグラフィーカラムの一つです。
イオンクロマトグラフ用カラム、一般部品、試料前処理装置、消耗品など、イオンクロマトグラフ関連製品を幅広く取り揃えています。
現在では、イオンクロマトグラフ用カラム、一般部品、試料前処理装置、その他消耗品など、イオンクロマトグラフ関連製品を幅広く取り揃えています。イオンクロマトグラフのワンストップサービスを提供します。

タイトルとURLをコピーしました