前処理カラム

説明

MPCシリーズ前処理カラム

概要

なぜ試料を前処理する必要があるのか?

分析の過程で、試料中の不純物干渉や有機物、金属イオンがカラムの充填剤を汚染し、カラムの分離能や寿命を低下させたり、不純物イオンがイオン分離の妨げになったりすることがあります。そのため、試料の前処理カラムを使用する必要があります。それは効果的に試料の有機物および不純物イオンを取除き、カラムの不純物の汚染および分離効果への影響を避け、カラムの耐用年数を効果的に延長し、試料の分離効果を改善することができます。

SH-Ag カラムによる処理前後の小麦粉サンプルの比較

未処理

前処理済

モデル

仕様 不純物除去の仕組み

用途

MPC-006(C18) 1cc/2.5cc 逆吸着機構 強酸・強アルカリ中の疎水性化合物除去
MPC-005(RP) 1cc/2.5cc 逆吸着機構 疎水性化合物除去。特に不飽和化合物、芳香族化合物を除去し、pH0~14.0の試料で使用可能。
1cc/2.5cc 逆吸着機構 RPと同じ機能を持ち、極性物質に対する優れた選択性あり
MPC-001(H) 1cc/2.5cc イオン交換 アルカリ土類金属イオン、遷移金属イオン、炭酸イオンを除去し、試料の強アルカリ性を中和
MPC-002(Na) 1cc/2.5cc イオン交換 試料中のアルカリ土類金属イオンおよび遷移金属イオンの除去
MPC-003(Ag) 1cc/2.5cc イオン交換 Cl-, Br-, I-,AsO43-,CrO42-,CN-,MoO4 2-,SeO3 2-,So32-,SeCN-,S2-,SCN-,WO42-,等の除去
MPC-004(Ba) 1cc/2.5cc イオン交換   SO42-を除去。試料のアニオン濃度が低い場合は、Cl -溶液で活性化する必要 pH値は1~14で安定
1cc/2.5cc イオン交換 アニオン性汚染物質を除去し、試料の強酸性を中和
MPC-008(Ag/H) 2.5cc イオン交換 AgとHのカラムを直列に使用した場合と同等の機能
MPC-007(Ag/Na) 2.5cc イオン交換 AgとNaのカラムを直列に使用した場合と同等の機能
MPC-009(Ba/H) 2.5cc イオン交換 Baカラム、Hカラムを直列に使用した場合と同等の機能
1cc/2.5cc キレート機構 アルカリ土類金属イオン、アルカリ金属イオン、遷移金属イオンの除去

お問合せ

コメント

タイトルとURLをコピーしました